オーセンティックな面構えと驚くべき裏の顔。

Side Slit Boxer Shorts ¥19,800(税込)




ファッション好きが最後に行き着く先は、肌着へのこだわりである、という話を耳にしたことがあります。



つまりファッションを突き詰めると、他人に対してではなく、自分の体、ひいては自分自身が一番喜べることへと帰着する、といったところでしょうか。



何が自分にとって一番気持ちいいのか、を突き詰めて考える人には、是非このシルクのパンツを試してもらいたい。シルクは吸放湿性が高いので蒸れにくく、何より肌馴染みがいい生地なので、最高の下着なのです。




サイドに入ったスリットにより、可動性を確保。パイピング処理によりほつれにくく、デザインのアクセントに。



シンプルイズベストと言わんばかりの、このBoxer Shortsですが、デティールをチェックすると、そこには十分すぎるくらいのこだわりがあります。



例えば、デザイン。サイドのスリットを設けることで、座ったり、しゃがんだり、走ったりといった脚の動きを妨げません。バックは、つなぎ目のない1枚生地で仕立てているので、縫い代が肌に当たらず、ストレスフリー。




一枚仕立てのバック。




生地は、高級ドレスシャツにも使われる極細の絹紡糸を丁寧に織り上げたシルク100%の高級ブロード。さらりとしたその感触は、高級ホテルのベッドシーツを思い浮かべてもらうと分かりやすいかも。



さらに表面を少しだけ起毛させることで、シルク特有のギラついた光沢感を抑えています。




縫製の細かさと均一さはぜひ注目してほしいポイント。



生地の表情と、パンツには珍しいセンタークリースと相まって、圧倒的な気品にあふれています。もちろん、生地をつなぐ縫製は、高級ドレスシャツと同じく繊細そのもの。



そして、長くも、短くもない絶妙な丈で仕立てることで、パンツ一枚でもかっこよく、この上にズボンを履いても肌との一体感を失いません。



一見すると、シンプルかつオーセンティックなパンツ。でも生地もデティールに忍ばせてある最高級の品質と技術。こんな気分こそ、今の時代のファッションなのではないでしょうか。



オーセンティックな面構えと驚くべき裏の顔。